(ちぇん / Chen)

    • 虹色は紅・橙・黄・緑・青・藍・紫の順。使用済みの紅を除けば一番下が橙。
      ニュートンがそれまで5色としていた虹の色の境界に追加した二色(橙・藍)のうちエネルギーが低い方。
    • 「上海幻夜 七色の万華鏡篇 」(著:藤木稟 2001年)の「橙と呼ばれた少女」の橙(ちぇん)から?
      • ちなみに藍色と紫色の短編のタイトルは、「哀色の上海」「夢を喰らう紫の煙」
    • 中国語での発音はcheng(発音はチェンよりチョンに近い)とchen(チェン)の2種類あったが、「普通話異読詞審音表」(1985年)によりchengに統一された。

備考

  • ある研究によれば、猫は赤系統の色(赤、橙、茶)を識別できず、
    それ以外の色(紫、青、緑、黄)は識別できると言う。
    猫が橙色の物を見ると黄色に見える。

二つ名

  • 凶兆の黒猫 (妖々夢、求聞史紀)
    • 日本では昔は烏猫(からすねこ)と呼んで商売繁盛などの吉兆とされた。
    • 西洋では魔女の使い魔などと扱われて凶兆とされる。
      • イタリアでは迷信が根強く、今でも黒猫が大量に殺されているらしい。
  • すきま妖怪の式の式 (妖々夢)
    • 猫と狐は妖獣として同類らしく、猫は狐よりもワンランク下で
      化けるようになるまで年月がかかると言われる。
  • 狐と猫の間に生まれた猫なら、十数年と経たずに化けられるようになるらしく
    狐の血が混じった猫も、通常の猫より化けやすいと言われる。
  • 目にも留まらない化猫 (文花帖)

能力

  • 主に妖術を扱う程度の能力 (妖々夢)
  • 人を驚かす程度の能力 (妖々夢:式神を付けていない時)
  • 妖術を扱う程度の能力 (求聞史紀)

説明

  • 山に棲む化け猫に憑く式神(化け猫に鬼神を憑かせて高い妖力を得ている)

備考

  • 鬼神(きしん、きじん、おにかみ)
    • 『玉勝間』(1812年 本居宣長)によると、
      「きしん」と読む場合は漢文に出てくる意味で霊的な存在、
      「おにかみ」と読む場合は鬼と神のこと、もしくは鬼とも神とも違う恐ろしい存在、
      「きじん」と読む場合は、女鬼(ことわざ:鬼の女房には鬼神がなる)、
      世の中の人の言葉は怪しき物にて、かく様々に遠く遷り行く業なりけり、とのこと。
    • 『諷方研究 謡曲問答』(1913年 正田梅華)によると、
      「きしん」は善い鬼神、「きじん」は悪い鬼神。

見た目

  • 2本の尾
    • 化け猫(猫又)。
      • 尾が多いほど霊力が強いと言われる。
  • 被り物
    • 化け猫は手ぬぐいを被り踊ると言われる。
  • 服装、爪、靴の色
    • 橙色。

備考

  • 左耳の輪
    • 野良猫に去勢手術を施した後、目印としてピアスを付けることがある。
      雌には左耳に、雄には右耳に付けるのが一般的。

その他

  • キャラ説明
    • 冬は炬燵で丸くなる
      • 童謡『雪』の歌詞から。

スペルカード

テーマ曲

登場

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-15 (火) 01:08:10 (49d)